こめかみを打撲して腫れてしまったとき

スポンサーリンク

こめかみや頭を打撲してしまったり、強打してしまった際には6時間が脳内出血のタイムリミットにもなっています。
脳な人体の中でも最も大切な臓器になっています。
その脳を人体の骨の中でも最も硬い頭蓋骨によって外傷から守ってくれています。
頭蓋骨は脳を守ってくれているお皿のような役割をしてくれています。
ですので、頭やこめかみを強く打撲してしまって頭蓋骨にヒビが骨折などが起こったとしても大きな障害が残ってしまうなどの心配はほとんどありません。
頭蓋骨が骨折やヒビが入ってしまったと聞くとかなり重症のようにも聞こえますが、衝撃によって骨折したことよりも注意したいことは、頭蓋骨の膜である硬膜の血管からの出血になっています。
頭蓋骨内の内積量は、一定になっていて腫瘍や血液が内部にたまりだしてしまうことによって次第に脳が圧迫され障害を起こしてしまうことになってしまいます。
頭やこめかみを打撲した際には打撲したときの痛みだけで済むことができますが、少しずつ出血量が増えてきてしまうと脳への圧迫も強くなってしまいます。

スポンサーリンク

頭やこめかみを打撲すると腫れることがあります。
また、打撲してしまった直後に起こってしまう痙攣に関してはそこまで心配する必要はありません。
頭をぶつけてから痙攣が起こってしまうまでの時間が長くなってしまうほど後遺症が残ってしまう可能性が高くなってしまいます。
年配の人から高齢の人の場合は、頭などをぶつけて腫れてきてしまってから数ヶ月後に脳内出血を起こしてしまうことがあるので注意する必要があります。
頭などを強くぶつけてしまい、腫れたり、意識障害や頭蓋骨を骨折やヒビが入っていなかったとしても脳内出血が必ずしも起こらないとは言い切れないので注意しなければなりません。
こめかみなどを打撲してしまった場合に頭痛を感じている場合には、まずは家庭で様子を見ます。
大人の人の場合には、頭を強くぶつけてしまって嘔吐が起こってしまった場合には、脳内出血を疑う必要が出てきてしまいます。
脳内出血が起こってしまうと意識障害や頭痛に嘔吐などの症状が出てきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

こめかみのあたりに打撲を受けた時の痛みと処置の仕方
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
こめかみを打撲したら適切な処置をしよう
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
こめかみの打撲で病院に行くべき時
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです