爪 挟んで赤い斑点 血抜き 痛い

爪を挟んで赤い斑点が出来て痛いと感じる時の血抜き

スポンサーリンク

 腕や足に何らかの強い衝撃が加わった時に爪を挟んで赤い斑点が出来てしまうことがあり、痛いと感じることがあります。
この際に血抜きをするという対処法がありますが、応急処置を行うポイントとして爪の3分の1以上内出血が起きている時に実施します。
血抜きを行う目的については、指先を綺麗にすることで巻き爪を予防することが出来ます。
そして細菌感染を予防することも可能で、クリップなどの針先を消毒してそれを使い血抜きを行います。
爪を挟んで赤い斑点が出来ている患部に行うことで、痛いと感じる症状も和らげることが出来ます。
また指先を挟んで赤い斑点へ血抜きを行う場合に、クリップなどの針を深く刺しすぎないことを意識します。
深く刺しすぎると痛いと感じるだけでなく、指先まで傷つけてしまうので注意が必要です。
そして痛いと感じる前に指先の挟んで赤い斑点が出来た患部をガーゼで巻き、その上からテープなどを使い固定します。
圧迫しながら固定することがポイントで、血抜きを行った後必ず行う応急処置方法となっています。

スポンサーリンク

 爪を挟んで赤い斑点が出来てしまった場合において痛いと感じることがありますが、応急処置として血抜きを行う方法があります。
この血抜きという応急処置方法ですが、爪を挟んで赤い斑点が出来ている時でも必ずしも行う必要はないです。
爪の挟んで赤い斑点が出来た場合において、3分の1以上内出血が起きている時に行います。
また怪我した患部が痛いと感じない場合にも、この血抜きという応急処置方法を行う必要はないです。
仮に爪を挟んで赤い斑点が出来た場合でも、内出血の範囲が3分の1以下の時には放置しても大丈夫です。
指先や幹部が痛いと感じないことも、応急処置をしないで自然治癒する際の判断基準となります。
患部に痛みが感じないということは、内出血や炎症を発症していないことの表れとなっています。
なので必ずしも血抜きをしなくても良いため、内出血の範囲が狭い時や痛いと感じない場合は放置しても大丈夫です。
なお応急処置をしても痛みが残る場合には、整形外科や皮膚科などの診療科を受診すれば治療可能です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

爪の内出血はどこでみてもらうか、何科の病院かは外科が良いです
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
爪の内出血を早く治すにはヒルドイドは使えるか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです