内出血を治す薬 手足

手足に出来てしまった内出血を治す薬はあるのか

スポンサーリンク

 手足をどこかにぶつけてしまったり、強く何かに打ち付けてしまう事は、日常生活の中でも度々発生する事案だと思います。
そうした手足を打撲した状態になると、後からあざになってしまう場合があります。
手足の場合、他の体の部位に比べると人目に付きやすい事もあり早く治す事が出来るのであれば、それに越したことはありません。
あざは内出血によって発生するものですので、この内出血を治す薬のようなものがあれば、実際のところ内出血を治す薬は存在するのでしょうか。
内出血を治す薬として主に用いられているのは、ヘパリン類似物質が用いられている軟膏です。
いくつかの商品が存在しますが、内出血を治す薬としてよりも美容に効果のある軟膏として用いられることが多いです。
特徴としては患部に塗ることによって患部の血流を促進させる効果があり、肌の新陳代謝が活発になります。
そのために美容に効果があるのですが、内出血を早く治すためには血流を促進させて、自然治癒力を高めるのが一番ですので、血流を促進させるヘパリン類似物質の軟膏は内出血を治す薬として有効なのです。

スポンサーリンク

内出血を治す薬として効果的なヘパリン類似物質の軟膏ですが、いくら内出血を治す薬と言ってもすぐにあざが消えるわけではありません。
もちろんそのままにしているよりも格段に早く治りますが、あくまで早く治るということです。
他にもあざを早く治す方法はいくつかあるので、平行して行う事で効率よく治す事も可能です。
まず手足をどこかにぶつけたのなら、その場ですぐに冷やすようにしましょう。
この段階で上記の薬を用いても逆効果なので、薬が手元にあっても塗らないでください。
まず十分に冷やす事で内出血を抑え、後々のあざを小さくすることが出来ます。
手足のあざは目立つので、見た目で異常が見られなくても油断せずにしっかりと冷やします。
痛みや腫れがひいたら、今度は温めます。
これは血流を良くするためで、理屈としてはヘパリン類似物質の軟膏を用いるのと同じです。
後は栄養素として鉄分やビタミンを積極的に摂取することで治癒力が高まります。
手足は普段からよく動かす場所であり、ケガをしやすい部分でもあります。
すでに手足にあざが出来ているなら内出血を治す薬やなどを使って早急に治すのが大事ですが、知識としてあざになる前にしっかりと患部を冷やせばあざは小さくて済むという事も知っておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲や打ち身の内出血に対し冷えピタを用いる場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打ち身の内出血は薬を使用すれば治せます
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲によって内出血が発生した場合の壊死について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血で腫れて、それが広範囲に及ぶ場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血の負傷は湿布に頼りきる治療では逆効果になることがある
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を早く治すには塗り薬に効果があります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を起こすプラスミンを止める何種類かの薬には軟膏もあります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血のような湿疹が出た時は痣の変化の仕方に気をつけましょう
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
赤や青など内出血の色の変化による違いは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
顔に出来た内出血を早く治すのに塗薬は使えるか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです