内出血の色の変化 違い 赤 青

赤や青など内出血の色の変化による違いは

スポンサーリンク

 日常生活においてうっかりどこかに体をぶつけてしまうということもあるでしょう。
そうなった時に起こるのが内出血です。
しかし、内出血と言っても赤や青など様々な違いがあります。
このような内出血の色の変化にはどのような違いがあるのか気になるという人もいるでしょう。
打撲などによって皮膚の組織が損傷を受けた場合、その箇所によって内出血の色の変化が起きます。
逆に言えば、内出血の色の変化によってその損傷がどの程度なのかということを判断することも出来るということです。
皮膚の表面近くを損傷した場合には内出血は青色になります。
いわゆる青タンと呼ばれる状態であり、損傷が皮膚の深いところであった場合には黒色に見えることがあります。
また、内出血の色の変化は時間の経過によっても起きます。
出血した場合も血液の色が徐々に変化するように、内出血の色の変化も違いが無く最初は赤色に見えることが多くなっています。
しかし、時間の経過と共に赤色から青色へと内出血の色の変化が起きるのです。

スポンサーリンク

打撲によってよく見られる内出血ですが、医学用語では皮下出血と呼ばれており呼び方だけで症状に違いはありません。
場合によっては青色だったり赤色だったりと違いがあるので心配になってしまう人もいるでしょう。
内出血はまずは赤色のあざが出来ることが多く、これは血液の色によるもので場所や程度の違いによるものではありません。
しばらくすると内出血の色の変化が起きて青色のあざになります。
これは血液中に含まれるヘモグロビンによるもので、ヘモグロビンに含まれる赤い色素が壊れてしまうことで赤色から青色へと変化していくのです。
青色へと変化したあざはやがて黄色へと変化します。
この黄色へと変化した場合には治りかけの状態であり、やがて茶色になって消えていってしまいます。
このように内出血の色の変化は出来たばかりの内出血なのか治りかけの内出血なのかという違いを現れているものであり、赤色の内出血であったり青色の内出血であったりと心配しなくても自然と治癒されていくようになっているのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲や打ち身の内出血に対し冷えピタを用いる場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打ち身の内出血は薬を使用すれば治せます
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲によって内出血が発生した場合の壊死について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血で腫れて、それが広範囲に及ぶ場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血の負傷は湿布に頼りきる治療では逆効果になることがある
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を早く治すには塗り薬に効果があります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を起こすプラスミンを止める何種類かの薬には軟膏もあります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血のような湿疹が出た時は痣の変化の仕方に気をつけましょう
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
手足に出来てしまった内出血を治す薬はあるのか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
顔に出来た内出血を早く治すのに塗薬は使えるか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです