打ち身と打撲の違いは言葉のみで内容は同じ

スポンサーリンク

身体のどこかを強く打ちつけたことによる怪我や負傷のことを打ち身、又は打撲と呼ぶことがあります。
では打ち身と打撲は何が違うのかについて説明します。
実を言うと打ち身と打撲の違いは言葉のみで、意味も内容も全く同じだったりするのです。
ではなぜ打ち身と打撲の言葉を使い分けているのかについては、負傷状況で使われる言葉の場面別けをしている例があります。
例えばスポーツでの負傷は打撲、日常生活での負傷は打ち身と言ったように、同じ言葉でも負傷時の状況で違いを表す場合があります。
打ち身と打撲は全く同じ負傷のため、双方の治療方法にも全く違いはありません。
両方とも軽くぶつけた程度ならば放置していても問題はありませんが、受けた衝撃の強さによっては内出血を引き起こしてしまうこともあります。
内出血は打ち身や打撲とは違い負傷状況がさらに悪い状態になってしまっているため、治療に必要な時間にも違いが生じます。
身体のどこかを強くぶつけてしまった時はその場所を放置しないようにしましょう。

スポンサーリンク

負傷した時の治療方法になりますが、説明した通り双方の負傷状態に違いはないため全く同じ方法で治療することができます。
まず優先的に強く打ちつけた又はぶつけた場所を濡れタオルや氷水で冷やします。
この冷却処置は内出血による負傷にも同様に行います。
これは患部を冷やすことにより皮膚の腫れを抑え、内出血時には血行を抑制することにより症状の拡大を防ぐことができると同時に痛みを和らげることができるからです。
あとは負傷場所を安静にして触れることによる刺激や加温処置を与えないようにします。
負傷場所が腕や足の場合は最低限の動作に止めるようにしましょう。
負傷場所の腫れや痛みがなくなったら冷却による治療処置をする必要はなくなりますが、内出血を起こしていた場合は治療にかかる時間に違いが生じるため、患部の状態をよく確認しましょう。
人によっては状態が安定した後も負傷場所を冷やす処置を続けることがありますが、この行動は反対に身体の自然治癒力を阻害してしまうため冷やし過ぎにご注意ください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加