打ち身の痣は消えない事もある

スポンサーリンク

転倒したり障害物等に腕や足をぶつけた時にできる打ち身は早めに対処する必要があり、放置しておくと痛みや出血を伴う事があるからです。
ちなみに打ち身は1週間ぐらいで完治する怪我であるため、対策をしっかりと取っていけば早めに治す事ができます。
また、打ち身といえば痣ができてしまったり内出血が起きたりしてしまうケースもあるため注意していく必要があり、場合によっては病院で治療を受ける事になります。
打ち身による痣は少し青く見えるため「青痣」あとも呼ばれていて、これが起きるメカニズムについては薄い皮膚の部分が瞬間的に強い衝撃が加わる事で皮下出血が起きそれが内出血を起こす事によりこの痣が出てきます。
打ち身によって起きる痣は内出血を起こしている事が多く、熱を持ったり痛みや腫れが出たりするため気をつける必要があり、早めの対処が大事となっています。
痣についてはなかなか消えない時もあり、完治しても痣の跡が残りそのまま消えない状態が続くケースもあったりします。
消えない理由については様々な原因があるため詳細についてはインターネットを活用して検索を行うと専門的に情報を提供しているWebサイトやブログがあるため、そこで具体的な内容を知る事ができます。

スポンサーリンク

打ち身の対処方法に関しては水を使って傷口の部分を洗浄していき、その後は塗り薬等を使用して痛み・腫れ・内出血等の症状を緩和させていく必要があります。
負傷した部位に対してアイシングを行う事も効果的であり、痛みや腫れが引いてきた場合は逆に負傷している部位を温める必要があります。
痛み腫れが引いてきた状態で負傷した部位を温める事により自然治癒力を活性化させる効果があるため、早めに打ち身・内出血等を治す事ができるからであります。
包帯を使って負傷した部位を圧迫して腫れや内出血を抑える事も可能であるため、これも効果ある対処方法となっています。
内出血によって起こる痛みや腫れは対処が遅れるとなかなか消えないためかなり厄介です。
もし対策を取っていて痛みや腫れが消えない時はすぐに病院に行って適切な処置を受ける必要があり、痣も同様で消えない場合は医師から専門的な診療を受けるようにお願いします。
治療中は負傷した部位をケアしていきながら、安静にする事が大切となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加