打ち身、打撲は入浴しても平気ですか

スポンサーリンク

打ち身や打撲は日常生活の中でも起きることがあります。
そのため、大したことがないケガだと思い込んでいる人が少なからずいます。
 しかし、これは軽視していると内出血が身体の中に残り、しこりになってしまいます。
しこりは身体の動きを邪魔するので、超音波治療や外科手術による除去が必要な局面もときには生じます。
 そうした面倒から逃れるためには、正しい知識を身につけておく必要があります。
 打ち身や打撲は入浴しても平気ですか、という疑問を抱えている人は少なくありません。
これはその直後だと駄目だと言えます。
 何故なら患部が熱を持っていることが多く、入浴によりそれがひどくなることが多いからです。
 いつから打撲は入浴しても平気ですか、と言われれば、それは痛みのピークが過ぎた後となります。
これは打ち身も同じです。
 自分でタイミングを計りかねたのであれば、医師にこの打撲は入浴しても平気ですか、と質問をするようにしましょう。
 素人診断に頼るのは控えましょう。

スポンサーリンク

 打ち身や打撲は入浴しても平気ですか、と問われれば、患部をガードしておけば平気、だと言えます。
 その方法としては、痛んでいる部分をビニール袋で覆うことです。
そうすればお湯が問題箇所にかかることはないので、大丈夫です。
 足の打ち身や打撲は入浴しても平気ですかと言えば、補助さえあれば問題はないと言えます。
 これは転倒防止をしてくれるアシスタントを用意することを意味します。
家族に頼むようにすれば、精神的なハードルを下げることができるので、なるべくそうしましょう。
 治りかけの打ち身や打撲は入浴しても平気ですかと言われたら、その後のケアをきちんとするのであれば、普通に入ってもよい、と言えます。
 これは入浴終了後に、患部に氷などを当てて冷やすことを意味します。
感覚がなくなるまで冷やした後にそれを離す、という行為を何度か繰り返しましょう。
 どのようなケガもその後のケアが正しければ回復していきます。
そこを意識して取り組みましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加