打撲で痣ができた、一ヶ月も腫れてる場合は

スポンサーリンク

打撲により痣ができた、という経験を持つ人は珍しくありません。
これは外部から強い打撃を受けた結果、内出血が生じて起きるものです。
 内出血というと、深刻なダメージを負ったのではないかと受け止める人も多いのですが、打撲によるそれは一週間か二週間で完治することが多く、放置していても治った、というケースがほとんどです。
 しかし重度の打撲となると、一ヶ月以上経っても患部が腫れてるということもあります。
 これは打撲後の処置のまずさが響いている可能性が高いと言えます。
 打撲をした直後は、患部をひたすら冷やすようにしましょう。
これは特殊な器具は必要ありません。
氷を入れたビニール袋や氷嚢などで充分です。
 痛みが和らいだ後は病院へ行くようにしましょう。
 それでも患部に痣が生じ、一ヶ月以上すぎたのに腫れてるという場合は、打撲ではなく骨折の疑いもあります。
 専門医による精密検査を受けた方が無難だと言えます。
 一ヶ月以上経ったのに痣が消えない腫れてる、という場合は要注意です。

スポンサーリンク

 痣が一ヶ月過ぎたのに消えない、腫れてる部分が目立つというのであれば、食事療法をするようにしましょう。
 これはビタミンcや鉄分が豊富に含まれている食品を中心に摂取することで効果を発揮します。
 好き嫌いが激しかったり、多忙などを理由に食生活の改善が難しいのであれば、栄養補助となる錠剤などを活用するようにしましょう。
 このときのポイントは無理のない範囲で続けることです。
痣があるし腫れてるからと、好きでもないものを毎日食べていると、それが強いストレスを呼び起こし、病気になる可能性もあります。
 一ヶ月以上経っても痣があるし腫れてるというときは、患部を心臓よりも高い位置に置くようにしましょう。
 これは血流をコントロールするために必要な措置なのです。
 足を打撲したというのであれば、そこをつり上げたり、足と布団の間に枕を挟むなどしましょう。
 打撲は一ヶ月を過ぎても治らないのであれば、素人判断でどうにかするのではなく、専門家に相談する、というのも選択肢に入れるようにしましょう。
 そうした方が精神面での負荷も減らせます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加