内出血 かゆい 打撲 爪

打撲の内出血がかゆい場合は爪で掻かないこと

スポンサーリンク

 打撲は外部より強い衝撃を受けることでなります。
これは何かに身体をぶつけた、あるいは転倒したときに起きるので、不注意が重なると家の中でもそれをしてしまいます。
 そして打撲は応急処置がまずいと、内出血が生じます。
打撲により生じた内出血を放置しておくと、それがやがてしこりとなり、超音波治療をするか外科手術を受けない限り、それを除去できない、という局面を迎えることもあります。
 また、打撲により内出血が生じると、かゆいと感じるようになります。
 このときかゆいと感じた部分を爪で引っ掻くと、問題が起こります。
何故なら爪の間には細菌が潜んでいることが多いためです。
 そのため、爪から患部に細菌を送り込みたくなければ、患部をガードするようにしましょう。
 その際に役立つのは、冷湿布です。
これはかゆいと感じている部分に張り付けると、そこを冷却してくれるため、かゆみを抑えることも可能になるからです。
 どのようなケガもその後のケアが肝要だというのを、覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 内出血のせいでかゆいと感じた場合は、それがひどいものだと無視せずに病院へ行くようにしましょう。
 これは起きている間は我慢できても、眠っている間に患部を爪で引っ掻く危険性が高いためです。
 そのため、爪を短く切って清潔を保っておくという方法もありますが、それだと根本的な解決にならないため、医師の診察を受けた方が賢明なのです。
 このとき足を運ぶところは皮膚科ではなく整形外科にしましょう。
 何故なら打撲のせいでかゆいと感じた場合は、内出血にその原因があるからです。
 また、かゆいと思っているのにやせ我慢を続けていると、それが強烈なストレスになる場合もあります。
 ストレスは他の病気の原因になることが多く、気がついたら打撲による内出血よりも、そちらの方が重くなっていた、というケースは珍しくありません。
 患部を爪で引っ掻かないことも大切ですが、かゆみを緩和する措置を見つけることもまた大切なのです。
 そこを気に留めておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲の痒い症状を改善できるかゆい問題への対策について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲の痛みとかゆみを消すには痒みへの初期対応を確実に行う
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲した際なぜかゆいのかと対処法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
足を打撲してかゆい場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲の後がかゆい問題について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです