打撲 打ち身 内出血 冷えピタ

打撲や打ち身の内出血に対し冷えピタを用いる場合は

スポンサーリンク

 転んだ拍子に打撲や打ち身をした、という経験をしたことがある人は、世の中にたくさんいます。
 これは道端を歩いているとき、スポーツの練習や試合の最中、というケースが多く、それだけ馴染みのあるケガだとも言えます。
 しかし、打撲や打ち身は馴染みがあっても軽視するのは危険です。
何故なら治療せずに放置していると、患部が内出血や腫れを起こす可能性があるからです。
 内出血を更に放置していると、そこがしこりとなります。
しこりは筋肉の動きを邪魔する要素となり、最悪の場合は手術による摘出が必要になってきます。
 そうした事態を防ぎたければ、冷えピタを使うようにしましょう。
冷えピタは患部を冷やすのに適しており、その効果も長めなことで知られています。
 冷えピタで患部を冷やし、痛みのピークが過ぎたと感じたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。
 これは単なる打撲や打ち身だと思っていたら、骨折だったというケースも時折見られるからです。

スポンサーリンク

 打撲や打ち身をしたときに冷えピタを用いると内出血を抑制できるのは先に説明した通りですが、冷えピタは応急処置だけではなく、その後のケアにも役立ちます。
 打撲や打ち身をした部分は、しばらくの間は熱を持ちます。
その熱が高まると、強い痛みを発するようになり、ひどい場合には夜に眠れなくなることもあります。
 内出血によるあざが目立つようになる、というのもストレスの原因になりがちですが、打撲や打ち身の痛みにより不眠状態になるというのも、無視できない要素です。
 そのため、痛みがまだ引かないと感じたら、冷えピタを張り続けるようにしましょう。
そうしておけば痛みと内出血の拡大を同時に防ぐことができるので便利です。
 痛みが和らいだ後は冷えピタを用いるのはやめましょう。
これは温熱治療に切り替えるためです。
 患部だけではなく身体全体を温めて、血行を促進するようにしましょう。
 あまり温めすぎると内出血を拡大する恐れもあるので、加減をすることも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打ち身の内出血は薬を使用すれば治せます
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲によって内出血が発生した場合の壊死について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血で腫れて、それが広範囲に及ぶ場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血の負傷は湿布に頼りきる治療では逆効果になることがある
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を早く治すには塗り薬に効果があります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を起こすプラスミンを止める何種類かの薬には軟膏もあります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血のような湿疹が出た時は痣の変化の仕方に気をつけましょう
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
手足に出来てしまった内出血を治す薬はあるのか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
赤や青など内出血の色の変化による違いは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
顔に出来た内出血を早く治すのに塗薬は使えるか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです