打ち身 かゆみ 理由

打ち身によってかゆみを感じる理由

スポンサーリンク

 打ち身をしてしまうことによって患部が一時的に腫れるといった症状が出てくることがありますが、この腫れてしまう主な理由になっているのが、内出血を起こしてしまっていることが理由になってきます。
その際にかゆみを感じるといった症状が出てくることもあります。
打ち身をしてしまったことによってかゆみを感じる症状が出ている場合は、できるだけ患部には触れないようにすることが大切です。
患部をかいてしまうことによってその掻いてしまった部分からバイ菌が入ってしまい、かゆみなどの症状がさらに悪化してしまう可能性があります。
ですので、その場合の対処法としては応急処置を行い、打ち身をしてしまった患部に手を触れることができないようにすることが大切です。
一般的には打ち身をしてしまった場合、冷湿布を貼って応急処置を行うことが多くなっています。
その理由としては患部の上から冷湿布を貼ることによってその上からかゆみを感じてしまったとしても掻くことはできなくなるのでバイ菌が入る心配もなくなるからです。

スポンサーリンク

足や腕といった部位をぶつけてしまって内出血を起こしてしまうのを打ち身と呼んでいて、場合によってはかゆみなどの症状が出てくることがあります。
ですので、応急処置として冷湿布を貼れば、バイ菌が入ってしまう心配もなくなります。
それ以外に注意しないといけないこととしては、必要以上にストレスを溜めないことが大切です。
その理由は、ストレスが一定以上溜まってしまうことによって、体のかゆみが増してしまうといった悪影響を与えてしまう可能性が出てきます。
ですので、仕事などによって溜まってしまったストレスは、できるだけ早く解消することが大切です。
かゆみがひどくなってしまうことによって日常生活にも支障をきたしてしまうこともあるので、安易に考えるといったことはしないで適切な応急処置を行うようにしましょう。
打ち身をしてしまってかゆみを感じている場合に何故ここまで注意しないといけないかの理由になってくるのが、症状がさらに悪化してしまう可能性もあったり、抜け毛やうつ病なども発症しやすくなってしまうのが理由になっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打ち身はかゆい時期があるので、うちみ治療は気長に行うべき
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
足の打ち身がかゆい原因
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血が長引く打ち身だとかゆみがでてくることもある
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです