打撲 原因 症状 処置 治療方法 対処法

打撲の痛みはいつまで?痛みがとれない期間は?

打撲の痛みはいつまで?痛みがとれない期間は?記事一覧

打撲とは、身体に強い衝撃を受けた時に発生する怪我のことで、打ち身と呼ばれることもあります。主な症状は、痛み、腫れ、内出血です。これらは衝撃を受けた際に身体の組織が損傷されて起こる症状です。衝撃が大きい場合や、衝撃に弱い部位に怪我を負った場合などにはこれらの症状が強く現れる可能性が高くなります。そういった場合には治癒にも時間がかかり、いつまで経っても症状が続くことになります。打撲を起こしやすい状況は...

物などにぶつかったりすることで発症する打撲は、青くなる内出血や赤く腫れるなどの症状が出て、痛みも感じます。もっともその打撲の程度にもよりますが、基本的に完治までの期間としては数週間程度で、さほど長いというわけではありません。また症状が重い場合は別ですが、たんなる少しの痛みや腫れ、内出血程度の症状ならば、とくに病院を受診せずとも、時間の経過とともに自然治癒することがほとんどです。そして症状が重い打撲...

 バランスを崩してよろめいた時に体の一部を何かにぶつけ、それによって打撲になることが時々あります。この症状は初期は非常に強い痛みがありますけど、しばらくするとだんだんそれが弱くなってきます。そのため長期的に問題になることは少ないのですが、まれに痛みがなかなかとれないことがあります。このような問題が起こった時は病院で調べてもらったほうがよく、早めに治療を受けたほうがいいです。なぜこういう症状が起こっ...

打撲とは、痛みや腫れなどが現れる怪我のことで、身体を強くぶつけた際の衝撃で発生します。発生原因は、転倒やスポーツなどです。また、普段の生活の中でも発生しやすく、その場合には脚のスネをぶつけることが多いされています。転倒やスポーツなどの場合は、スネだけでなく様々な部位に発生します。打撲を起こしやすい人は、自由に動き回って注意力が欠如しやすい小さな子供、選手同士の接触が多い激しいスポーツをしている人、...