打撲 原因 症状 処置 治療方法 対処法

打撲で腫れがひかない時の処置(すね・固い)記事一覧

 打撲は皮膚が破れないため出血はありませんが、皮膚の下の筋肉や骨、場合によっては臓器などにダメージが加わります。皮下の血管が損傷して内出血を起こし、青あざになったり腫れたりすることもあります。ダメージが極端に大きくない場合は、人体の自然治癒力によって修復され、普通は長くても1週間程度で腫れがひいていきます。外から不自然な力を加えると、治癒力が阻害されることもあるため、基本的には放置しておくのが良い...

 打撲は転倒や何かに強くぶつかる等、肉体に外部から強い衝撃を受けたときに発症します。主な発症部位は皮下組織と筋肉の2ヵ所となります。外部からの強い衝撃を受けるとその部位の血管や神経部位が損傷します。そしてその部位で内出血を起こして紫色になったり、血腫ができます。そこでできた血腫などによって神経が圧迫され痛みが現れます。大抵の場合、衝撃を受けた日や翌日は痛く、その後徐々に腫れが引くとともに痛みが引き...

 日常生活の中で、体のどこかを何かにぶつけてしまう事があります。またスポーツを行っている最中に何かに接触するようなケースも見られます。これは一般的には打撲と呼ばれ、痛みや腫れが主な症状になります。基本的には完治までの期間は軽傷の場合は1〜2週間程度とされていますし、重傷の場合は長くても2〜3ヶ月で治るとされています。なので多くの場合はこの期間内で完治しますが、問題なのはこの期間内に完治しなかった場...

 日常生活で最も起こりやすい怪我と言えば打撲です。ちょっとした不注意などでテーブルや家具に身体をぶつけてしまい、痣ができてしまったという経験をした人はかなり多くいます。むしろ、ほとんどの人が一度は経験していると考えられます。打撲を起こしやすいのは脚のすねです。普段の生活の中でもそうですが、スポーツなどでもすねの打撲は起こりやすいとされています。特にサッカーの場合には、ボールを蹴ろうとして他の選手の...

 打撲をした時に起こりやすい症状として患部の腫れがあり、この問題が起こることは少なくないです。ではなぜこのような症状が起こるのかというと、それは内出血によって体の内部で血が出ているからです。打撲をすると体の筋肉などの組織が切れ、その結果内出血が発生することになります。内出血によって出た血は短時間で体内に自然吸収されますけど、場合によってはこの問題が長期間続くこともあります。そういう問題が起こるのは...

 打撲をしたことによってできてしまった腫れがなかなかひかない場合があります。あまりにも腫れが酷いという場合には、医療機関を受診するようにしましょう。ですが、打撲程度でわざわざ病院へ行くということにためらってしまう人も中にはいます。打ち身をしたことによって腫れてしまっているのは骨折している場合もあります。ですので、腫れがなかなかひかない場合には病院へいくことが大切です。骨折と聞くと大げさに聞こえてし...