頭 たんこぶ 柔らかい たんこぶ 医療用語 医学用語

頭 たんこぶ 柔らかい たんこぶ 医療用語 医学用語記事一覧

一般的にはたんこぶといったら硬い物だと思いますが、子供が頭をぶつけた時などには柔らかいたんこぶができる場合があります。なぜたんこぶには硬い物との2種類があるのをご存知でしょうか。こちらでは柔らかいたんこぶについての情報をご紹介します。【柔らかいたんこぶの正体】なぜ子供が頭をぶつけた時に柔らかいたんこぶができるのかと言うと、頭をぶつけた衝撃で、頭蓋骨を覆っている膜と頭蓋骨の間に血液が溜まった事が原因...

頭をぶつけた時にできるたんこぶは、実は医療用語でも医学用語でもありません。あくまで通称でしかなく、正式名称ではありません。では、医療用語でも医学用語ではどのようにいうのでしょうか。【たんこぶの医療用語や医学用語】たんこぶの医療用語や医学用語は、頭皮下血腫や頭出腫と言います。あたまに衝撃を受けた結果、内出血してしまった状態の事になります。そのため、医療用語や医学用語では、頭皮下血腫や頭出腫と言うので...

マンガなどで後頭部をぶたれたり殴られたりした時にできるたんこぶは、とってもユーモアたっぷりに描かれている事も多いので不安にならない方も多いと思いますが、しかし、後頭部にたんこぶが出来る程の衝撃を受けているのですから、問題無いという事はなく非常に危険な状態の可能性もあります。【医療用語で頭部外傷性頭皮下血腫とは】頭部外傷性頭皮下血腫という医療用語は通称はたんこぶです。この医療用語で呼ばれる所の皮下血...

日常的に怪我をするリスクは生きているのですから当然あります。転んでしまって膝をすりむいたり、捻挫をしたり、包丁で指先を切ってしまったりなど様々なリスクがありますが、大事なのは怪我をしてしまった後になります。【頭の怪我は他の部位とは違う】頭は他の部位よりも生きる上でとっても重要な器官になります。そのため、頭の怪我は重要視しなければいけません。特に頭を強打してしまった時には、その後の経過を注意しなけれ...

ぶよぶよしたたんこぶができる原因は、患部の場所が関係しています。頭蓋骨を覆うように存在する帽状腱膜が関係しているのですが、脳へのダメージを確認し、病院受診をしておくのがおすすめ、なんでもないという確証が得られる方が安全です。【たんこぶができる原因とは?】それぞれ種類があるのですが、触った感じがぶよぶよしているのは、頭蓋骨を覆うように存在する帽状腱膜が関係しています。非常に薄い組織ですが、ここが衝撃...

 たんこぶができた時にそのまま放置するのではなく、医療機関を受診するのがおすすめです。目で見て判断できないリスクがあるからこそ、安全だということがきちんと確認することが重要です。わずかな気遣いがリスク管理に繋がります。【たんこぶで医療機関を受診するメリットとは?】たんこぶができたくらいで、医療機関を受診するのは心配し過ぎではないかと思っているかもしれませんが、知らぬ間に重大なリスクを見逃しているか...