頭 たんこぶ 柔らかい たんこぶ 医療用語 医学用語

打ち身と打撲の違い(内出血・お風呂)記事一覧

身体のどこかをぶつけたり転倒によって痣ができてしまうことを打ち身と言います。これと全く同じ意味で打撲と言う言葉もあります。打ち身は軽度の場合は負傷場所に痛みが発生しますが、数時間ほどで治まるため特に心配する必要はありません。しかし受けた場所や衝撃の強さによっては患部が腫れて炎症や内出血を起こすこともあり、場合によっては骨にまで衝撃が伝わっていることもあるため状態に応じて適切な処置を行う必要がありま...

 スポーツなどの打ち身や家の中での打撲は日常よく起こりうる怪我です。そんな打ち身や打撲の際に気を付けなければいけないことがあります。打ち身や打撲は、強打することにより筋肉が傷ついて起こる怪我です。青アザなどができるのが一般的ですが、それだけでなく腫れたり、痛みを伴ったりするのが症状です。青アザができるのは、筋肉の下にある血管が切れることにより内出血するためできます。軽いものだと自然にしておけばどん...