打撲 痛み いつまで

打撲による痛みがいつまでも長く続く原因とは

スポンサーリンク

打撲とは、身体に強い衝撃を受けた時に発生する怪我のことで、打ち身と呼ばれることもあります。
主な症状は、痛み、腫れ、内出血です。
これらは衝撃を受けた際に身体の組織が損傷されて起こる症状です。
衝撃が大きい場合や、衝撃に弱い部位に怪我を負った場合などにはこれらの症状が強く現れる可能性が高くなります。
そういった場合には治癒にも時間がかかり、いつまで経っても症状が続くことになります。
打撲を起こしやすい状況は、転倒や転落をした際、激しいスポーツをしている際、自転車や車での事故などがあげられます。
このような状況では、身体のどこにでも打撲を発生する可能性があるため、打ち所が悪い場合には別の怪我を併発する恐れもあります。
また、血管などの組織が生まれつき弱い人や高齢者などの場合にも、怪我の程度がひどくなる可能性が高くなります。
特に高齢者は、注意力や判断力が低下していたり、身体機能の衰えなどがあることから、さらに重傷となる可能性があります。

スポンサーリンク

事故や転倒などでかなり強い衝撃を受けた際、痛みや腫れなどの症状が強く現れ、いつまで経っても治らないことがあります。
ですが、他の怪我などを併発していない限り、時間をかけながら徐々に改善の方向へ向かっていきます。
しかし、2週間以上経過しても痛みが引かない場合や症状が悪化している場合などには別の怪我を起こしている可能性があります。
打撲によって起きる可能性があるのは、神経の損傷、内臓の損傷、骨折、脱臼、靭帯や腱の損傷や断裂などです。
骨折や靭帯の損傷などは、怪我をした直後から痛みが現れ、その痛みがいつまでも続きます。
神経損傷の場合には痺れ、感覚の異常、身体の一部を動かしにくくなるなどの症状が現れます。
脱臼では関節の動きが著しく制限されます。
内臓を損傷した場合は、時間が経過してから痛みなどの症状が現れることがあります。
また、関節の打撲の場合には靭帯や関節軟骨の損傷が起きている可能性があるので、すぐに病院で検査を受けるのが良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲にみられる痛みの期間と対処方法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲の痛みがとれない問題について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
痛みや腫れが強く現れる顔の打撲には要注意
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです