打撲 腫れ 期間

打撲の腫れが引くまでの期間とは

スポンサーリンク

 日常生活の中で、体のどこかを何かにぶつけてしまう事があります。
またスポーツを行っている最中に何かに接触するようなケースも見られます。
これは一般的には打撲と呼ばれ、痛みや腫れが主な症状になります。
基本的には完治までの期間は軽傷の場合は1〜2週間程度とされていますし、重傷の場合は長くても2〜3ヶ月で治るとされています。
なので多くの場合はこの期間内で完治しますが、問題なのはこの期間内に完治しなかった場合になります。
このような場合には、打撲以外にも様々な症状を併発していると可能性があります。
最も多いのが、骨折になります。
例えば打撲をした直後には病院に行くことが一般的になっていますが、その際には多くの病院でレントゲンを撮影します。
大きな骨折の場合はこの時点で判明するのですが、非常に軽度の骨折の場合は見落とされる可能性があります。
したがっていつまでも腫れが引かない場合や、痛みが長期間続くような時には再度の診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク

打撲した後に、少しでも早く腫れを引かせたり痛みを和らげる必要に迫られる事があります。
例えばスポーツなどで大きな大会が近い場合や、ハードな練習が必要な時期などは一刻も早く対処する事が重要なポイントになります。
基本的には安静にする事が求められるのですが、どうしても行わなくてはならない時にはグルタミン成分を含んだサプリメントなどを活用する事が良いとされています。
グルタミン成分には筋肉のリカバリー作用がありますので、実際に医療現場などでも使用されています。
なお、あまりにも長期間に渡って痛みが継続する場合には骨折以外の可能性も挙げられます。
外傷性骨化性筋炎やコンパーメント症候群などは比較的併発しやすい症状とされていますし、皮下細胞組織がダメージを受けた事による細菌感染などの可能性も高くなります。
なので上記の完治期間内を大きく超えて、痛みや腫れが継続する場合には医師の診察を受ける事が重要になると言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲の腫れがひかないときは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲によって起こった腫れに対する処置とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
すねの打撲で発生した腫れがひかない場合
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲によって発生した腫れが固い時の対応について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲をして腫れがひかない場合
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです