打撲 処置 膝

膝の打撲の処置についての説明

スポンサーリンク

 打撲とはどういうものかと言うと、転倒や物に強くぶつかった時に起こる怪我を言います。
しかし、切り傷のように血が出たりはせず腫れたり青いアザになったりします。
つまり内部で損傷する怪我です。
また打撲をした時は初めは痛みがありますが、徐々に少しづつ痛みが緩和されます。
しかし、完全に痛みが消えるわけではなく少しの痛みが長期間続きます。
また、その痛みが二度と消えないかと言うとそうではなく、1〜2週間程また1ヶ月程でなくなります。
打撲している時にその部分を触ったり、また物にぶつけてしまうと強い痛みを伴うので、できるだけ触ったりぶつけたりしないように安静にしておく必要があります。
また、打撲をした時はすぐに冷やすことが大切です。
そうしないと治りが遅くなったり悪化したりしてしまいます。
なので、すぐに冷やすことが大切です。
また、打撲とは限らずに骨折している場合もあるので、早期発見のために病院に行くことも大切です。

スポンサーリンク

膝を打撲した時の処置方法としては、さっきも言ったように冷やすことですが、ただ冷やすだけではなく冷たいと感じなくなるまで冷やすことがポイントです。
冷やしている途中で、冷たいと感じ冷やすのをやめてしまいがちですが、冷たいと感じても我慢し続けて冷たさを感じなくなるまで冷やすことです。
そして、お風呂でお湯に浸かる時は怪我した部分をお湯に浸けないようにします。
そうしないと、皮膚が壊死する可能性があります。
また、膝の処置としては湿布などを貼ることも重要です。
貼り方ですが、怪我の部分を覆うようにして膝全体に貼ることです。
また、貼った後もガーゼなどをして剥がれないようにすることです。
また、市販で売られている薬などを使うことでも処置として有効です。
薬などを使うことで何もしないよりかは早めに治すことができます。
でも、一番良い方法としては病院で治療を受けることです。
心配な場合はレントゲンを撮ってもらい骨折していないかどうか、骨が痛んでいないかを見てもらうのが良いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲が発生した膝を曲げると痛い理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝に発生した打撲の症状
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲を早く治す方法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲とテーピングについて
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲の完治にはいつまでかかるのか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲が治らない問題について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲が膝に発生した場合に見られる症状と注意点
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝を打撲し痛みが続く場合は病院へ
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲で最も多く見られる後遺症
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです