尾てい骨 打撲 治療

尾てい骨を打撲した時はまず病院で治療

スポンサーリンク

尾てい骨を打撲した時は、強い痛みが起こることがあり、まず病院に行って骨の状態を調べる必要があります。
病院ではレントゲンを撮って、治療の仕方を決定します。
痛みが強いときは、尾てい骨にひびが入っていることがありますが、その場合の治療方は安静と薬です。
尾てい骨にひびが入っている場合は、体の他の部分のようにギブスをすることができません。
痛みが治まってくるまでひたすら安静の状態を保つのが良い方法です。
ひびは入っておらずに打撲だけの場合もありますが、たとえ打撲であっても痛みが強いことがあり、そんな時は治療のために痛み止めの薬が処方されることがあります。
痛み止めの薬の他に、炎症を抑える薬が出されることもあります。
病院の薬を飲めば、痛みはある程度おさまります。
痛みがおさまったと思っても、薬をやめるとまた痛くなる場合があります。
痛みが強いときは薬はできるだけ長く飲むようにしましょう。
また打撲の場合でも、骨折と同じように出来るだけ安静を保つことが必要になります。

スポンサーリンク

尾てい骨を打撲した時は、病院に行く必要があります。
しかし週末だったりして病院が開いていない時や、夜間の場合は自分で対処して痛みを減らすようにしましょう。
尾てい骨を打撲して痛い場合は、冷やすのが良い治療法です。
冷やすことで、痛みを持っている部分の炎症を改善することができます。
冷やし方としては、ビニール袋に氷を入れて患部に当てる方法がお勧めです。
できるだけ長く冷やさないといけないので、多めの氷を用意しましょう。
氷で冷やして、痛みが薄れてきたら冷感湿布を貼りましょう。
冷感湿布を貼ることで、打った部分の血液の流れを良くすることができます。
冷やした後はできるだけ早く病院に行った方が良いのですが、何らかの理由でそれが難しい場合は、打った部分を温めるようにします。
打った直後に温めると、痛みが強くなりますが、一日以上たっていれば、打った部分の血流を良くすることができるので、痛みの軽減につながります。
出来るだけ安静にしておくことも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加