打撲 湿布 おすすめ

打撲は湿布で治す、おすすめな使い方

スポンサーリンク

 打撲とは、転んだりぶつかったりと外部からの強い衝撃で皮膚や筋肉が損傷され、内出血を起こすことをいいます。
たいていの場合は1週間以内におさまり、自然に治りますし、症状が重い場合もたいてい自然治癒します。
万が一激しい痛みが長期間続くようなら骨折など、他の要因も考えられますので、すぐに病院を受診してください。
自然に治る怪我ですが、適切な処置をすることで、より早く、あとを残さず治せます。
まず第1に患部を冷やし、炎症をおさえる必要があります。
打撲してしまったらすぐに氷嚢やアイシングパック、冷やしたタオルなどをあてます。
内出血がおさまったら、今度は患部を温め、血行を促進させます。
温かいタオルなどをあて、タオルが冷えたらかえる、を繰り返します。
では、湿布について説明します。
湿布は貼り薬で、患部に貼るだけで使える手軽なものです。
そして、飲み薬ではないので貼った場所にしか効果がないと思われがちですが、張り薬は皮膚を通して薬が吸収され、全身に作用します。
貼り薬といっても立派な薬です。
気軽に何か所も使うのはやめましょう。

スポンサーリンク

では、打撲におすすめの湿布の使い方についてです。
まず、初期段階である冷やす段階には冷湿布を使います。
これはひんやり感じさせるメンソールが含まれており、炎症をおさえるのに効果的です。
注意点は、メンソール自体に冷却効果がないため、事前に上記の方法で患部を冷やしておく必要があります。
また、これは冷蔵庫であらかじめ冷やしておくことをおすすめします。
そして、時間がたって患部を温めるときは温湿布を使用します。
こちらは温める成分が含まれています。
注意する点は、肌が弱い方は肌荒れを起こすことがあります。
このような方は、ガーゼをはさんで貼るとよいです。
ちなみに、貼りかえるタイミングですが、1日に1〜2回はかえることをおすすめします。
肌の弱い方はさらに頻繁にかえましょう。
その際、皮膚を洗浄してから30分〜1時間程度、肌を休めることが大切です。
湿布は手軽ですが全身に作用し、副作用が起こる場合もある立派な薬です。
正しい使い方を守りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲の処置で利用する湿布について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲の時に利用する湿布の効果
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです