膝 打撲 テーピング

膝の打撲とテーピングについて

スポンサーリンク

 健康な生活を送っているときには、とくに何も感じることがありませんが、足を打撲したりけがをしたりということになれば、健康のありがたみを感じることが多くなっています。
病院で適切な治療を受けて回復を待つというのが基本となっていますが、そのなかでテーピングが行われることもあります。
足が不自由になると動くのが大変です。
何をするにも移動が大変になるので、活動量が減ってしまうという人もいます。
その結果悪循環となってしまうことも珍しくありません。
健康のためにランニングなどを行っている人もいますが、始めた後に膝が痛くなってしまったという経験をしたことがある人も少なくありません。
そこで運動をしている中で膝が腫れてしまったり、打撲で腫れてしまったというようなときに効果的なテーピングの方法があります。
これを行うことでけがをしている部分の回復が早くなります。
正しい方法をしっかりと理解して、実践をするのがおすすめです。

スポンサーリンク

膝のテーピングの方法として、正しい方法でキネシオテープというものを貼ることで症状を軽減させることができます。
キネシオテープを貼ることで皮膚のしわをでこぼこにすることができます。
こうすることで皮膚が引っ張られることになるので、その脚気血液やリンパの通りに道を広げることができます。
この通り道が広くなるということは、血液の流れやリンパの流れがよくなって老廃物をスムーズに排出させることができます。
したがって打撲の回復に必要な栄養素もしっかりと運ばれるようになります。
腫れを軽減させるためにはたこ足という方法があります。
これはテーピングをたこの足のようにカットします。
ここで5本足を作るようにします。
膝をしっかりと曲げて皮膚をできるだけのばし、テープの裏紙を少し剥がして、切れ目のないサイドを膝の内側に貼るようにします。
ここで注意しなければいけないことは、あまり伸ばさないように優しく貼るようにします。
そしてたこの足の部分を1本ずつ貼っていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲が発生した膝を曲げると痛い理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝に発生した打撲の症状
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲の処置についての説明
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲を早く治す方法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲の完治にはいつまでかかるのか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲が治らない問題について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲が膝に発生した場合に見られる症状と注意点
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝を打撲し痛みが続く場合は病院へ
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
膝の打撲で最も多く見られる後遺症
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです