たんこぶ 医療用語 医学用語

医療用語や医学用語でのたんこぶの名称

スポンサーリンク

頭をぶつけた時にできるたんこぶは、実は医療用語でも医学用語でもありません。あくまで通称でしかなく、正式名称ではありません。では、医療用語でも医学用語ではどのようにいうのでしょうか。

 

【たんこぶの医療用語や医学用語】
たんこぶの医療用語や医学用語は、頭皮下血腫や頭出腫と言います。あたまに衝撃を受けた結果、内出血してしまった状態の事になります。そのため、医療用語や医学用語では、頭皮下血腫や頭出腫と言うのです。

 

【頭皮下血腫や頭出腫は頭に限った物ではない】
たんこぶというと頭にできるイメージがありますが、医療用語や医学用語では、頭皮下血腫や頭出腫と言う事からも分かる通り、別に頭に限った事ではありません。しかし、他の部位は頭よりも血の流れが速いために血が溜まって膨らむという事が無いのです。

スポンサーリンク

【たんこぶの由来は不明】
たんこぶの由来は不明です。一節によるとアイヌ語の「tapkop」が関係しているとも言われておりますが、何故、頭皮下血腫や頭出腫よりもたんこぶがメジャーになったかは明らかにされておりません。

 

医療用語や医学用語では、頭皮下血腫や頭出腫など症状によって読み方が変わって来ます。症状的に危険度の無い物から、直ぐに入院し、検査しなければいけない物まで複数あります。また、硬い物を皮下血腫、柔らかい物を帽状腱膜下血腫など、現場では症状によっていることも覚えておくと、病院に行った時に、理解度が高くなると思いますので覚えておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

頭に柔らかいたんこぶが出来る理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
後頭部に出来たたんこぶの名称は医療用語では
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
頭をうってもたんこぶが出来ない場合は危険です
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
ぶよぶよしたたんこぶの原因と症状と対処法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶができた時に医療機関を受診するメリット
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです