頭をうってもたんこぶが出来ない

頭をうってもたんこぶが出来ない場合は危険です

スポンサーリンク

日常的に怪我をするリスクは生きているのですから当然あります。転んでしまって膝をすりむいたり、捻挫をしたり、包丁で指先を切ってしまったりなど様々なリスクがありますが、大事なのは怪我をしてしまった後になります。

 

【頭の怪我は他の部位とは違う】
頭は他の部位よりも生きる上でとっても重要な器官になります。そのため、頭の怪我は重要視しなければいけません。特に頭を強打してしまった時には、その後の経過を注意しなければ思い障害が残る可能性もあります。特に頭をうってもたんこぶが出来ないような場合には要注意です。

 

【頭をうってもたんこぶが出来ない場合】
頭をうってもたんこぶが出来ない場合には、外見的な違いが見当たりませんので非常に軽視してしまいがちですが、衝撃によって脳内を損傷してしまっている可能性もあります。脳は強打した直後に意識障害などが出るとは限らないのです。

スポンサーリンク

【頭をうってもたんこぶが出来ない場合に恐れる病気】
頭をうってもたんこぶが出来ない場合でも時間が経って起こる慢性硬膜下血腫という疾患もあります。それまでは普通に生活していた方が、急に亡くなってしまう恐ろしい病気です。頭をうってもたんこぶが出来ない場合でも注意が必要になるのです。

 

頭をうった場合には、絶対に病院に行き、MRIなどの機会でしっかりと脳内を検査する事をおすすめします。頭をうってもたんこぶが出来ない場合でも思い症状が後になって現れる可能性がありますので、なるべく早いタイミングでの検査が重要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

頭に柔らかいたんこぶが出来る理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
医療用語や医学用語でのたんこぶの名称
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
後頭部に出来たたんこぶの名称は医療用語では
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
ぶよぶよしたたんこぶの原因と症状と対処法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶができた時に医療機関を受診するメリット
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです