ぶよぶよ たんこぶ

ぶよぶよしたたんこぶの原因と症状と対処法

スポンサーリンク

ぶよぶよしたたんこぶができる原因は、患部の場所が関係しています。頭蓋骨を覆うように存在する帽状腱膜が関係しているのですが、脳へのダメージを確認し、病院受診をしておくのがおすすめ、なんでもないという確証が得られる方が安全です。

 

【たんこぶができる原因とは?】
それぞれ種類があるのですが、触った感じがぶよぶよしているのは、頭蓋骨を覆うように存在する帽状腱膜が関係しています。非常に薄い組織ですが、ここが衝撃などにより血腫ができた状態がぶよぶよなたんこぶになります。

 

逆に硬いたんこぶもあり、その場合は皮下で内出血が起こっている状態のため、血が固まることで硬いものができます。

 

いずれも衝撃によって内出血を起こしているのが共通しています。

 

【脳にダメージを与える?】
たんこぶは見た目だけでは脳にダメージを与えているかどうかの判断ができません。ですから、病院で検査を受けて、異常の有無を確認するべきです。一般的には「頭をぶつけるとよくできるもの」というイメージがあるでしょうが、視線が合わないなどのいつもとは違った症状がある場合には要注意。

 

頭痛や嘔吐、意識が朦朧とするなどの症状がある場合にも、一時的に脳にダメージを与える脳震盪を起こしているかもしれません。痙攣や出血など、ケースによってぶよぶよした感じ以外にも身体に症状が出現することもあるので、きちんと状態をチェックして、然るべきところで検査を受けましょう。

スポンサーリンク

【たんこぶができた時の対処法】
本人の身体症状を確認しながら病院受診の有無を考えましょう。誰かが状態を確認できるのであれば、いつもと違った部分が無いかを要チェック。もしも自分一人の場合には、できるだけ病院受診を急ぐべきです。

 

ぶよぶよしているということは、脳に近い部分が影響を受けていることを証明しています。たとえ変化がなくても、念のため病院に行くのがおすすめです。

 

【なんでもないという答えを聞くのも重要】
病院を受診するのは、脳に深刻なダメージを負った時にのみ行くのではなく、ぶよぶよした感じのたんこぶができた時にも、リスクを踏まえて受診をするのが良いでしょう。

 

結果的になんでもなかったという状況がある方が、かえって安心できるはずです。

 

このように、一つの見立てにいくつかの枝分かれがあり、脳へのリスクを心配しなければならない症状があるのも特徴です。見た目には軽そうに見えたとしても、現状を確認するために医療機関を受診するのが安全管理としては重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

頭に柔らかいたんこぶが出来る理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
医療用語や医学用語でのたんこぶの名称
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
後頭部に出来たたんこぶの名称は医療用語では
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
頭をうってもたんこぶが出来ない場合は危険です
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶができた時に医療機関を受診するメリット
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです