かんご たんこぶ

スポンサーリンク

たんこぶができた時、自宅でかんごする術を知っているだけでも、病院受診の判断を早めます。自宅で行える簡単な処置を学び、これからのリスクに備えましょう。誰でも行える簡単な処置により、痛みをはじめとした症状を軽減させることにつながります。

 

【傷が無いかチェックする】
たんこぶはぶつけた場所によって、切り傷ができていることがあります。そんな時には絆創膏で患部に細菌が入らないようにしましょう。

 

頭部は出血しやすい傾向があります。それは、毛細血管が集中している場所だからです。もしも出血があるなら、自宅でかんごするよりも素早く医療機関を受診するべきです。

 

【患部を冷やすのも有効】
たんこぶは冷やすことで痛みの刺激を軽快させられます。ただ、市販の熱冷ましに使うシートは、すぐに効果が薄れてしまうので、理想は氷のうを使用し、患部に当てるのが良いでしょう。

 

自宅に氷のうが無い場合には、コンビニの袋に氷と少量の水を入れて患部に当ててください。それだけでも痛みだけでなく、腫れを引かせられます。

スポンサーリンク

【無理なかんごは必要ない】
たんこぶは時として脳内に影響を及ぼす可能性を潜んでいます。意識状態がいつもとは違うと感じられた場合には、すぐさま医療機関を受診するのがお勧め。

 

無理に自宅でかんごすることに固執するのではなく、「大丈夫だった」というお墨付きを病院でもらうだけでも、その後の対応がしやすくなります。

 

たんこぶができた時、自宅でかんごするコツがわかっているだけでも、痛みをはじめとした苦痛を和らげることができます。また、すぐに医療機関を受診した方が良いサインがわかっているだけでも、早めの対応ができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

頭に柔らかいたんこぶが出来る理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
医療用語や医学用語でのたんこぶの名称
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
後頭部に出来たたんこぶの名称は医療用語では
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
頭をうってもたんこぶが出来ない場合は危険です
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
ぶよぶよしたたんこぶの原因と症状と対処法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶができた時に医療機関を受診するメリット
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです