ドイツ語 医療用語

たんこぶの医療用語とドイツ語表記とは?

スポンサーリンク

たんこぶは医療用語の正式名称ではありません。医学的には頭部皮下血腫です。その前に頭部外傷性という医療用語が加わることもあります。ドイツ語ではどんな表現になるかご存知でしょうか?「Beule」や「Klos」という表記になるのです。

 

【物々しい表現になるのが医療用語】
たんこぶは馴染みのある表現でしょうが、医療業界では物々しい雰囲気を漂わせる表記になります。一般的には頭皮下血腫という表現になり、もう少し丁寧にすると頭部外傷性頭皮下血腫という医療用語になります。

 

何だかこれでは頭部に重大なダメージを与えそうな印象を受ける感じがしませんか?でも、実際に脳神経外科を受診しなければならない場合もあるので、軽視してはいけないものなのです。

 

【ドイツ語の表現は日本語に結びつかない】
たんこぶは「Beule」や「Klos」というドイツ語で表記されます。ことわざでは別なワードが用いられるのですが、一般的なたんこぶは、この2つです。

 

「目の上のたんこぶ」という場合には、「とげ」などの意味に繋がる「dorn」が使われます。

スポンサーリンク

【医療用語から見るたんこぶのリスク】
たんこぶは、頭部をぶつけた時にできるものという認識があるでしょうが、実際には脳へのダメージを起こすこともあります。だからこそ、軽視することなく医療機関への受診も検討しなければなりません。

 

医学的にも「(頭部外傷性)頭皮下血腫」と表現するくらいですから、受傷した場合には脳神経外科に行くのがベストです。

 

【手や足とは違う頭部ならではのたんこぶ】
手や足をぶつけた時には青あざができますが、頭部は血液の循環が多い場所なので、たんこぶができてしまうのです。

 

血腫という医療用語が使われているくらいですから、腫れたり出血したりが著しくなるのでしょう。

 

たんこぶはドイツ語になると全くワードが予想できない表記になりますし、医療用語で正しく呼称しても、馴染みのない人にはわかりません。

 

ドイツ語では「Beule」や「Klos」という表記になりますが、日本語のことわざにすると「こぶ」というのが「とげ」の表現に置き換わっていることもわかります。

 

ただ、たんこぶは軽視せず、医療機関の受診がおすすめ。それは、血腫という医学的な表現を見ても理解できるはず。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

頭に柔らかいたんこぶが出来る理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
医療用語や医学用語でのたんこぶの名称
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
後頭部に出来たたんこぶの名称は医療用語では
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
頭をうってもたんこぶが出来ない場合は危険です
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
ぶよぶよしたたんこぶの原因と症状と対処法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶができた時に医療機関を受診するメリット
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶを自宅でかんごするコツ
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
赤ちゃんのたんこぶで柔らかい時には要注意
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
おでこにできることが多いtannkobuの存在
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです