おでこ tannkobu

おでこにできることが多いtannkobuの存在

スポンサーリンク

おでこは頭髪で守られていない部分なので、衝撃が直に加わります。だからこそ、毛が生えている部分よりもtannkobuが目立って見えるのでしょう。体の作りからも、打ち付けやすい特徴があり、それが怪我の原因にも繋がっています。

 

【おでこを強く打ち付けてしまう理由とは?】
おでこをぶつけてtannkobuができるという理由はシンプルです。ズバリ、ほかに守るべき部分があるので、そちらに気を取られてしまうということではないでしょうか。

 

目を打ち付けてしまうと、どうしても日常生活に多大な影響を及ぼします。何かにぶつかりそうになった時、反射的にかばう場所は限られているので、不便さを起こしやすい部分を優先してかばうのではないでしょうか。

 

【頭髪などのクッションが無いのも怪我するポイント】
おでこは露出している箇所なので、どうしてもぶつけてしまう頻度が高いです。頭髪があるだけでもクッションの作用が働くので、衝撃をモロに受けてしまう部分ほど、tannkobuができやすい状態に陥ります。

 

何かに引っかかる時は、進行方向にバランスを崩してしまうもの。つまり、歩いている時に転んでしまう時には、どうしてもおでこをぶつけやすいのでしょう。

スポンサーリンク

【意外と目立つのがtannkobuのデメリット】
頭髪で隠れる部分にtannkobuができるのであれば、人目にさらされることは少ないです。でも、おでこなど隠せない場所にできてしまったtannkobuは、どうしても目立ってしまいます。

 

いくら隠そうと思っても、大きさによっては違和感を解消できません。だからこそ、腫れが引くまでおとなしくしなければならないのでしょう。

 

おでこにできるtannkobuは、見た目にも目立ってしまうもの。どうしても頭をぶつける時にほかの箇所をかばってしまうと、一番最初に対象物にぶつかる場所になってしまいます。だからこそ、たんこぶができるリスクが高いのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

頭に柔らかいたんこぶが出来る理由とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
医療用語や医学用語でのたんこぶの名称
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
後頭部に出来たたんこぶの名称は医療用語では
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
頭をうってもたんこぶが出来ない場合は危険です
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
ぶよぶよしたたんこぶの原因と症状と対処法
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶができた時に医療機関を受診するメリット
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶを自宅でかんごするコツ
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
赤ちゃんのたんこぶで柔らかい時には要注意
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
たんこぶの医療用語とドイツ語表記とは?
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです