打撲 腫れ 固い

打撲によって発生した腫れが固い時の対応について

スポンサーリンク

 打撲をした時に起こりやすい症状として患部の腫れがあり、この問題が起こることは少なくないです。
ではなぜこのような症状が起こるのかというと、それは内出血によって体の内部で血が出ているからです。
打撲をすると体の筋肉などの組織が切れ、その結果内出血が発生することになります。
内出血によって出た血は短時間で体内に自然吸収されますけど、場合によってはこの問題が長期間続くこともあります。
そういう問題が起こるのは内出血によって発生した血が、うまく回収されずに残るからです。
回収されなかった血は腫れという形で残り、それを放っておくと固い塊になることがあります。
このような固い塊になってしまうと治りづらく、簡単には問題を改善できなくなります。
そのためもし打撲をして内出血をした場合は、早めに病院などで治療を受けることが大事です。
特に患部が腫れている場合は要注意で、その部分が問題にならないように適切な治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

打撲の症状はよく起こりますが、実はこの症状は場合によっては大きな問題になる事があります。
普通の打撲ならば短時間で問題が改善しますけど、特殊な問題が起こると何年も治らないケースが存在します。
そいういうことが起こりやすいのが内出血によるしこりで、そういう問題が起こるとなかなか症状がよくなりません。
体をぶつけた時の内出血によって起こった腫れは、出血の量が少なければすぐに改善できます。
しかし出血の量が多いと内部で固い血の塊になり、それが色々な問題を引き起こることになります。
このような形でできた固い血の塊は、筋肉の組織の近くに存在することが多いです。
そのため体を動かすたびに血の塊が筋肉を刺激し、その影響で体を動かすのが難しくなります。
こうなってしまうと運動などが難しくなりますから、そういう時は病院で治療を受けることになります。
病院で利用のできる治療法としてはマッサージなどがありますが、外科的な方法で治すやり方も存在しています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲の腫れがひかないときは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲によって起こった腫れに対する処置とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲の腫れが引くまでの期間とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
すねの打撲で発生した腫れがひかない場合
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲をして腫れがひかない場合
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです