太股 打撲 テーピング

太股の打撲やテーピングについて

スポンサーリンク

 太股は人間の体を支えている非常に重要な部分となっています。
しかしこの部分を怪我したり打撲をしたときには、歩くときに困難さを感じることがあります。
したがってしっかりと対処をする必要があります。
そのなかで打撲などの際に行う太股のテーピングがあります。
これを行うことで歩行をサポートすることができ痛みを軽減させることもできます。
したがってしっかりとその方法を頭に入れておくことが大切となります。
太股の打撲などの際に行われているテーピングでは、準備しなければいけないものがあります。
それは非伸縮テープと伸縮テープになります。
そこでテーピングの方法ですが、まずはアンカーというものを行っていきます。
これは痛みのある部分を中心に、太股の外側や内側にアンカーを貼っていくという方法です。
ここで注意しなければいけないことは、筋肉を緩めた状態にしておくということです。
次に行う方法はサポートになります。
これは次のような方法となっています。

スポンサーリンク

サポートという方法では、左右のアンカー部分にかかる長さに、テープをカットしていきます。
そして次に筋肉を寄せるようにして交互に斜め上方向に引っ張ります。
このようにしてテープを貼っていくようにします。
ここで確認しなければいけないことは、痛みがある部分にテープが交差する部分が来るようにします。
これを意識してテープを巻いていきます。
そしてこの作業を繰り返し行い、3分の1程度上に重ねながらそれぞれのアンカーから交互にテープを貼っていくようにします。
次に横のサポートを行います。
ここでは左右のアンカーにかかる長さにテープをカットすることを意識します。
テープの幅の半分程度まで重ねて、左右から横方向に貼っていくようにします。
横から強く引っ張って貼ることで、圧迫や固定力を高めることができます。
このようにテーピングを行うことで、太股の打撲をしっかりとサポートすることができます。
このほかにスポーツをするときには、ケガなどを予防することができるという効果もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

太ももに発生した打撲に対する応急処置
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです