ふくらはぎ 打撲 歩けない

ふくらはぎ打撲によって歩けない時の対処法

スポンサーリンク

 スポーツをしている時や角などに足を強くぶつけてしまった場合において、ふくらはぎを打撲してしまうことがあります。
その場合に当たり所が悪かった場合においては、一時的に歩けないという事態になってしまうことがあります。
そういった場合における対処法として、基本的に打撲によってふくらはぎが腫れている時に次の応急処置を行います。
歩けないほどの痛みである場合においては、ふくらはぎ周辺に何らかの打撲の跡が残っていることが多いです。
その場所に冷湿布を貼ることによって、体の中で起きている炎症を緩和することが出来るようになります。
この炎症が痛みとなって発していることから、歩けないほどの状況になっている時にはすぐに冷やした方が良いです。
また患部を冷やすことで効果を発揮するので、冷湿布ではなく氷水を袋に入れて対処することも可能です。
いずれかの方法で応急処置をすることによって、足周辺の痛みというものを上手に緩和させることが出来ます。

スポンサーリンク

 打撲によってふくらはぎに怪我をしてしまい歩けないほどになった時には、通常であれば患部を冷やす応急処置がポイントです。
しかし症状が悪化してしまった場合においては、こういった処置でも対応が出来ないことがあります。
その場合における次の対処法として、整形外科という診療科を受診することが大切です。
関節痛を始め打撲といった症状を治療出来ることが、整形外科という診療科の最大の特徴となっています。
具体的にふくらはぎに起こっている症状を診断してくれるので、冷湿布を貼る以外の治療も行ってくれます。
テーピングといったものを使って、ふくらはぎを一時的に固定するような治療を行うこともあります。
これは冷湿布と並行して行うことによって、より高い治療効果が得られるようになることが最大の特徴となっています。
保険証を使った治療が出来ることから、治療費についても数千円前後で受けられることが多いのも魅力となります。
なので応急処置を行っても症状が改善されない時には、整形外科を受診して治療を進めていく必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加