打撲 痛み 期間

打撲にみられる痛みの期間と対処方法

スポンサーリンク

物などにぶつかったりすることで発症する打撲は、青くなる内出血や赤く腫れるなどの症状が出て、痛みも感じます。
もっともその打撲の程度にもよりますが、基本的に完治までの期間としては数週間程度で、さほど長いというわけではありません。
また症状が重い場合は別ですが、たんなる少しの痛みや腫れ、内出血程度の症状ならば、とくに病院を受診せずとも、時間の経過とともに自然治癒することがほとんどです。
そして症状が重い打撲であったとしても、完治までの期間はせいぜいどんなに長くても3ヵ月程度で、完治まで待たずとも痛みなどは治まっていることがほとんどです。
しかしながらこの期間を経過したにも関わらず、痛みはもちろん腫れや内出血なども改善しないような場合は、それは打撲だけでなく他の病気が原因である可能性が高いと言えます。
そういった病気の代表的なものとしては、骨折や外傷性骨化性筋炎、皮下細胞組織が損傷したことによって発症する細菌感染、コンパーメント症候群などがありますので、このような場合は病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

打撲の治療期間を短縮化したい場合は、やはり最初に氷などでアイシングを施し、その後に痛みが消えたところで温めたタオルなどによる温熱療法といった応急処置を実行することが大切です。
この二つを繰り返すことで、早期回復につながります。
また応急処置だけでなく、食事などを工夫することで筋細胞を活性化させるという方法もあります。
その理由としては、打撲は筋繊維を損傷させる障害であるためです。
そんな筋肉をリカバリーさせるためにとくに効果的とされている成分はアミノ酸の一種であるグルタミンで、細胞合成としての役割も担っているために怪我の回復に対しても効果が期待できます。
それゆえに医療の現場などでも使用されており、アスリートなどからもプロテインやクレアチンなどとともに注目されている成分です。
もっとも食事だけでの摂取はなかなか難しいので、そういった場合はサポート健康食品としてサプリメントなども市販されていますので、それを利用しても良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲による痛みがいつまでも長く続く原因とは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打撲の痛みがとれない問題について
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
痛みや腫れが強く現れる顔の打撲には要注意
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです