打撲 内出血 壊死

打撲によって内出血が発生した場合の壊死について

スポンサーリンク

 スポーツや工事現場などで働いている方の中には、運動中または作業中に打撲という形で怪我をしてしまうことがあります。
その際に内出血を起こしてしまうことがあり、さらに放置しておくと患部が壊死してしまうことがあります。
壊死とは患部の組織が死亡してしまうことであり、一度でも起きると元通りにならないことが特徴となっています。
普通の打撲ではせいぜい内出血が起こるくらいですが、強い衝撃の場合には細胞や組織が壊死してしまうことも珍しくないです。
なので打撲などをした場合においては、出来るだけ早く応急処置をすることがポイントとなっています。
具体的な応急処置方法についてですが、内出血が起きている患部に対して冷やすというやり方が重要となります。
患部が炎症を起こしている状態でもあることから、冷湿布や氷袋などを活用して冷やすと痛みを緩和することが出来ます。
特に冷湿布であれば、どこの家庭にも常備されていることが多い医薬品となっているのもポイントです。

スポンサーリンク

 打撲によって発生した内出血を長時間放置してしまうと、患部の組織が壊死してしまうということになります。
そうなる前に応急処置をするのが好ましいですが、万が一患部が壊死してしまった場合には早急に医療機関を受診していきます。
原因については打棒という症状になっていることから、受診する診療科については整形外科となっています。
風邪や体調不良の場合には内科となりますが、打撲については関節痛による痛みが中心となります。
関節痛による症状の場合には、内科ではなく整形外科が専門分野となっているのが特徴です。
整形外科はクリニックとして多く開業されているので、医療機関探しにおいてもそれほど困ることはないです。
ただ患部の組織が壊死してしまっていることから、通常時の打撲や内出血時に比べると治療に若干の時間がかかることがあります。
なので定期的に整形外科を受診しなければいけないことが、治療していく上での注意点となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

打撲や打ち身の内出血に対し冷えピタを用いる場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
打ち身の内出血は薬を使用すれば治せます
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血で腫れて、それが広範囲に及ぶ場合は
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血の負傷は湿布に頼りきる治療では逆効果になることがある
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を早く治すには塗り薬に効果があります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血を起こすプラスミンを止める何種類かの薬には軟膏もあります
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
内出血のような湿疹が出た時は痣の変化の仕方に気をつけましょう
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
手足に出来てしまった内出血を治す薬はあるのか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
赤や青など内出血の色の変化による違いは
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです
顔に出来た内出血を早く治すのに塗薬は使えるか
打撲の原因や症状や処置・治療方法・対処法あれこれです