脛 打撲

脛の部分に打撲が発生した時の対処法について

スポンサーリンク

 脛とは足の膝からくるぶしまでの部分のことを指す言葉となっており、人体の中でも骨に近い場所となっているのが特徴です。
そんな脛という場所に打撲という怪我を発症した場合においては、通常時よりも強い痛みを感じることが多いです。
痛みは確かに強く感じることが多いですが、打撲によって生命の危機に達するといったことはないのが特徴となります。
また治療方法についても、足や腕に打撲を感じた時と基本的に共通しているのもポイントです。
脛の部分が一時的に腫れていることが多いため、その患部に冷湿布または氷袋を付けて冷やしていきます。
すると内出血した患部の炎症部分が緩和されることになるので、その作用を活用して痛みを和らげることが出来ます。
ですが長時間放置してしまうことによって、内部で組織や細胞が壊死してしまう可能性があります。
そうなると治癒能力も低下してしまうだけでなく、最終的に長期間病院に入院をしなければならなくなるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 脛という部分に打撲という怪我をしてしまうと強い痛みを感じることが多いですが、特別生命の危険にまでは達しないことが特徴です。
しかし放置しておくと痛みが増すことになり、最終的には医療機関で治療を受けなければならなくなることがあります。
そうならないためにも、出来るだけ早く応急処置をして被害を最小限にすることが重要となっています。
応急処置については自宅でも気軽に行えるのが特徴であり、具体的に患部を冷やすということが大切です。
脛を打撲した場合の状況として、足の骨の部分に炎症が発生していることになっています。
一般的に炎症を和らげるための方法としては、患部を冷やすということが一番の有効な解決方法となっています。
そのため市販されている冷湿布を活用することが出来るため、脛の部分に一定時間貼るだけでも高い効果が得られます。
ただ似た商品として温湿布というものもあり、これを使ってしまうと血行が促進されるので炎症の症状が悪化してしまいます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加